投稿

「シカゴ」

ミュージカルですね。
説明の文が面白かったのでゲオで借りてみました。
ミュージカル。う~ん、ミュージカルですね~。
この手の良さは私には理解できないんだけど、この作品はまあまあよろしいんじゃないでしょうか。
問題はシナリオですかね。
殺人を犯した女囚を、凄腕弁護士がありとあらゆる手を使って無罪に持って行きます。
それこそ、ありとあらゆる手段を使うんですよ。
それって犯罪じゃない? と思うくらいにえげつない手段を使うわけで、いいのかそれって? と呆れることしばし。
これについては賛否両論でしょうが、題材としては面白く、いい展開だと思いました。
例によって、道義上どうなのか? ってのを抜きにすれば充分面白いシナリオでした。
結局のところ、ミュージカルなんだから踊りと歌がメインですよね。
だから、そっちが楽しめないとダメってことですか。
映画で名作といったら何があるんだろう?
「サウンドオブミュージック」とか「王様と私」とか、あとなんだ? 「なんたらかんたら」なんだっけな~、アメリカ辺りのチンピラが喧嘩するヤツ。下町だっけ? スラムか? 「ウエストサイドストーリー」だ。
「雨に歌えば」ってミュージカル?
これらのどれもが、私の触手をくすぐることはありません。
てことは、どうやら私にはミュージカルを楽しむ資格が無いってことかもね。

DVD欲しくなったぞ

面白そうなのでゲオで借りてきました。
グラディエーターの監督の作品ですね。
見ましたが、大作です。
十字軍とか、その他諸々が、聖地エルサレムを目指すんだ~~~。
主人公はフランスの鍛冶屋さん。
奥さんを亡くして自暴自棄。
ところが~、実は彼、貴族の隠し子だったんですよ。
オヤジが迎えに来て、一緒にエルサレムを目指すことになります。
この主人公、どっかで見た顔だと思ったら、ロード・オブ・ザ・リングに出ていたエルフじゃないか。
髪の色が違うと雰囲気も違って見えるもんですね。
親父役は、スターウォーズのマスタークワイガン。
昨日まで鍛冶屋だった彼が、騎士になり、エルサレムの王に仕え、王女と好き合っちゃう?
そりゃまたどえりゃあ出世だがね……。
で、戦に次ぐいくさで最後はエルサレムの民を救うんだね~。偉い!
とまあそんなお話しでした。
出来は、まあ、普通ですか。
エルサレムに何がある?
何もない。だが、エルサレムが欲しいのだ……ってさ。
見ても損はないけどどうしても見ろというほどの作品ではないです。
だから、普通。

気になったのでちょっと検索かけてみました。
そしたら、これって実話なんですね。
驚き。
で、せっかくの一週間レンタルだから、もう一回見直しています。
今度は日本語字幕を消さず、吹き替えとの違いなどをチェックしてるところです。
微妙に訳が違って面白いですね。

さて、この作品ですが、エピソードは実際に有った事で、登場人物はほとんどが実在した人物だそうです。
そう思ってみると、架空の戦いと違って重いですね。
マズいことに、ロード・オブ・ザ・リングを見たあとなので、激戦に目が慣れてしまっていたようです。
でで、さらに前言を撤回して、これはいい作品ですね。
まだの人はぜひ見ることをお勧めします。

十字軍ですが、私のイメージはあまり良くありません。
勝手に良くないと思ってたんだけど、やはりこんな感じなんですね。
聖地エルサレムを巡るキリスト教徒とイスラム教徒の戦いが柱になっています。
二人の英雄が出てくるのですが、一人はイスラム世界ではカリスマ的な指導者のサラディン王。
私は知らなかったのですが、サラディンってかなりの人物だったようで、正義感にあふれ、名誉を重んじる大した人みたいですね。
イスラム世界だけでなく、西洋の歴史家からも賞賛される偉大な人物で、映画でも彼の行動は…

あと1キロで標準体重

この2カ月ほどで一気に体重が増え、油断してたらあと1キロで標準体重になるところまできてました。

そんな体重は、思い起こせば20年前、前の会社で設計に回されて、CADの前に座る生活を余儀なくされたときに、一瞬だけ到達した体重です。

その後現場に復帰したら、一気に戻って、標準体重より4キロマイナスをずっと維持してたんですよ。

で、病気になって食事療法でさらに落ちて、一瞬だけマイナス11キロに落ちたときはさすがに死ぬかと思いました。

仕事を辞めたときはマイナス5キロくらいだったのか?
そこそこ食うようにしてましたから。

家でバイク三昧の日々が始まって、カミさんと一緒に間食三昧をするようになって、徐々に増えてきたのですが、遂にマイナス1キロに到達ってことで、この生活を何とかしないとブクブクになるな・・・と、思った次第です。

で、間食を一切やめてガムのみにし、飲み物はカロリーゼロの甘味料を入れたコーヒーのみにし、食事は野菜から食ってご飯は半分にしました。

腸内環境の改善のため、ヨーグルト少々を牛乳で緩めに溶いて舐めながら薬を飲み、その後運動を10~15分やります。

なかなか落ちないんだけど、やっと標準体重よりマイナス3~4キロまで戻しました。
しかし、こんなストイックな生活をそう長く続けられるとも思えません。
もうちょっと歩み寄り点を見付けないと無理ですね。
おやつをちょっと食っていいことにして、その分運動を増やすとか、逆に運動を減らして食事をさらに減らすか。
どっちも大変だが、さて、どうしたもんじゃろう・・・。

安いのが手に入ったので交換

安いのが入手出来たら交換しようと思ってたのですが、安いのが手に入ったので交換しました。
ヤフオクで、中古だけどまあまあの物が送料込みで620円です。

シリンダーから圧を抜いてやるものです。
上の下に付いている小さなレバーを引くと、下で蓋が引かれて開くのか? で、圧縮の圧が抜けます。
シングルエンジンでキックスタートしかないので、上死点ではかなり圧が上がって、相当の力を掛けないと蹴り下ろせません。
私の体重程度ではびくともしないです。
無理に踏み降ろすと強烈なケッチン(キックのレバーが跳ね返る)が来て危ないです。
そこで、蓋を開けて圧を抜いてやります。
上死点を過ぎれば普通に回せるので戻し、踏み降ろします。

そのワイヤー長さが足りず、どうしても上手く取り廻せないので、諦めてタンクの下を直に通してました。
そのままでもいいんだけど、何かの拍子にどこかに引っ掛けたりしたら嫌なんですよ。
もし走行中に引かれた状態になると、圧が抜けるので当然エンジンが止まります。
ワイヤーがやたら突っ張ってたりして、カーブでハンドルをいっぱい切ったりすると有り得ますかね。

で長い物に交換して順路を通しました。
その後、まあ一応念のため一回りして、いつものゲオへ。
昨日のブックオフとこのゲオが、最後の砦って感じです。
冬などは遠くまで行くのも嫌ですから。

今日は結構寒くて、カミさんは買い物に行ったら雪が舞ってたと言ってます。
八ヶ岳ももう白くなってました。
そろそろバイクも限界か?
と言いながら、鼻水垂らしながらまだ乗ってますけどね。

スタンドの出し入れも全く苦になりません

途中で気が付いたんですけど、今まで付いていた物は接地面が割と横向きなんですよ。
ところが、今回買った物は斜め前を向いてますね。
比べてみると一目瞭然です。
そういえば、付いてた物は何となく不安定感が有りました。
今度の物の方が安定感が有っていいような気がしますね。
ほんのちょっとの事なんですけど、それが使ってみると大きな差になるのかも知れません。

スタンドを払った状態で上から見ると、こんな感じです。
ステップの後ろに長い横枝が出ていて、いいですね~。
実際に出したり引っ込めたりしてみると、見なくても出し入れ出来ます。
これはいいな。
これならスタンドの出し入れも全く苦になりません。
ケチケチしてないで良かったね。

ついでに、フロントの突き出し量を3ミリだけ多くしてみました。
ほんのちょっとですけど、ヒラヒラ感が足りない気がするんですよ。
で、ちょっとその辺を一回りして、いつものブックオフへ。

この辺のブックオフも随分少なくなりました。
30分くらいで行ける所が2つ無くなり、もうちょっと遠いところが1つ無くなり、その他にもゲオが2つ無くなりました。
あちこち巡る楽しみが段々と減って来て、面白くないですね。
どうしてこうなるんだろう? 儲からないって事か。
まあ、最悪はヤフオクのブックオフが有るから、何とかなることはなるんだけど、巡る楽しみってのが無くなるのは淋しいかもしれない。

そう、ネット通販が盛況な分だけ実店舗が廃れるってことか。


高額なサイドスタンド

という事で・・・、8,000円もする高額なサイドスタンドを買ってしまいました。
色は2色から選べて、クロームメッキと、黒です。
今付いてるのがクロームメッキだから、今度は黒いのにしました。
せめて5,000円くらいなら、と思うんだけど、何所を探しても8千円くらいしてるんですよ。
実に切ないですけど、無ければ高くても買うしかないですね。

バイクジャッキで後輪を持ち上げ、付いてるスタンドを外しました。
並べてみるとこんな感じになります。
穴から接地面までの長さは全く同じです。
好みにもよるけど、見た目だけなら外したものの方がシンプルでいい気もしますね。
買った物は横棒が結構長いですね~。
使い勝手が相当違うんだろうな、と思わせます。
もし溶接機でも持っていたら、右の付いてた物に金属の棒を溶接してもいいかもしれませんが、もちろん持ってないです。
ボール盤でも有れば、横から穴を開けてネジでも切って、ステンレスのネジでもねじ込めばいいかも、とかも思いますけど、ボール盤もないし、穴を開けたら強度が落ちるかな?

結局は、自宅で出来る作業なんてたかが知れてるって事ですね。

では取り付けてみますか。
一番大変なのはバネの取り付けです。
前回もこれが一番大変でした。
力任せに無理やり引っ掛けたのですが、このバネは結構強いんですよ。
弱かったら走ってるときに緩んじゃったりして、大変な事になりますかね。

跳ねて手に当たったりすると痛いから、ウエスで被って、ドライバーで引っ掛けるようにして無理やりこじて、何とか掛けることが出来ました。
汗だくですよ。
こういうの、プロはどうやって引っ掛けるんだろう?
やっぱ苦労して無理やり引っ掛けてるのかな?

必要最低限の出費

カードの利用明細が来て、ちょっと、見て驚いてしまいました。
一カ月で53,000円以上使ってるって、間違ってないか?
恐ろしい・・・。
これは、家族には見せられないので深く沈めよう。

しかし、5万円以上の大金で、私はいったい何を買ったんだろう?
最近は、パスワードを盗んでちょっとずつ長期にわたり他人のカードから使うという手口も有ると聞いたが、まさかそういうのじゃないだろうな。
てゆうか、明細を見れば分かるか。

ってことで見てみると、内容は、Amazonとヤフオクのみですね。
下は498円で上が24,948円。

大きいのは一個だけ24,948円が有るだけで、その他は3千円とか2千円とかで大したことない。
これって何を買ったんだろう?

で、調べてみたところ、ステップ交換部品一式でした。
あれは、高くても仕方ないですね。
バックステップをフォワードステップに換えたので、大量の部品が必要だったんですよ。
左右のステップに、チェンジペダル、右のブレーキペダル、ブレーキのロッドと金具とアームとバネを一式まとめ買いしました。
これが無ければ28,233円ですね。
他に目立つのはタイヤ交換の一式で4,902円だから大したことない。

それでも買い過ぎは買い過ぎなんだけど、ハンドルとかケーブル一式とかを買い揃えてたからしょうがないね。

この後は大きな買い物は無いはずです。
リアサスが1万を越える程度だから・・・次の利用明細も闇に葬った方がいいかも。

まああれです、21年も前のぼろバイクにあれだけ手を入れるんだから、多少の出費は掛かるでしょう。
必要最低限の出費ってことで良しとしましょう。